人生を楽しく生きるためのキーワード

高齢者の生き方

人生100年時代の今日、私どもはどのような心構えで、生きていったらよいのだろうか?

総務省が11月30日、2020年国勢調査の確定値を公表した。少子高齢化で経済活動の主な担い手となる生産年齢人口(15歳~64歳)は7508万人となり、5年前の前回調査から226万人減少した。
ピークであった1995年の8716万人に比べ約14%少ない。

日本が成長を続け、社会保障制度(医療、年金、介護)を維持していくには、国民一人一人が、健康で、能力を高め社会のために働き続けることが求められる。

定年は自分の人生の始まり

人生は大きく3つに区分される。

①(誕生~成人式)両親・学校に育ててもらう修行の時。②(会社勤務)社会・会社に依存して働く時。そして③(定年後の自分の人生の始まり)依存から自立へと自己改造を試み、自分のやりたいライフワーク(夢、仕事、趣味)を始める生涯現役人生の時に分けられると考える。

人生の大切なキーワード

世間で言われている高齢化に伴う悩みー健康・生計維持・生きがいの3つに対して、大切なキーワードとして健康、家族、経済基盤(勤労)、交友(友達)、好奇心があげられる。

1)健康ー体と心の健康

・規則正しい生活・病気予防
・健康寿命を延ばす―運動・食事・睡眠への気配り
・ニコニコ笑うこと

2)家族(安心・所属欲求)

・絆、助け合い、感謝、思いやり、傾聴・会話、笑顔
・先祖を敬う
・助けあう心に築くよい家庭、神様の栄光あり

3)経済基盤・勤労ー人間の基本的欲求達成のために不可欠

・自立ー生涯現役
・職業の選択ーやりたいこと、やれること、そして、需要があり社会が求めること
・世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯貫く仕事を持つということです(福沢心訓)

4)交友ー群れ集うのは3大本能の一つ

・仲間を作り、孤独を回避
・趣味/運動/地域活動の仲間
・ご縁に助けられ、ご縁を大切に生きる
・我以外皆我師ー学ぼうと心がける
・気心の知れた友人がいることは大きな慰み

5)好奇心ー行動の原動力、若さを保つ秘訣

・全ての物事に興味を持ち、考える習慣をつける
・楽しいこと、好きなこと、やりがい探し
・感動することー長寿を呼び、若さを保つ効果があり
・チャレンジ精神とプラス思考で夢・希望を追いかける
・芸術的な体験で右脳を使い、脳の活性化を図る

30年以上にわたって高齢者医療の現場に携わってきた和田秀樹先生が著書「70歳が老化の分かれ道 若さを持続する人、一気に衰える人の違い」(詩想社新書)にて高齢者の生き方について説明されている。その内容をご紹介するので、参考にしてください。

70代は最後の活動期

現在の70代の日本人は、かつての70代とはまったく違う。格段に若々しく、健康になった70代の10年間は、人生における「最後の活動期」となった。

この時期の過ごし方が、その後、その人がいかに老いていくかを決めるようになったのだ。
70代に努力することで、要介護になる時期をできるだけ遅らせ、晩年も若々しさを保つことができる。
ただ、70代には特有の脆弱さがあることも事実。無自覚に過ごしていれば、自然と老いは加速していく。
そのため、老いを遠ざけようと意図的に生活することが求められる。

老いを遅らせる70代の生き方

著者が次のように提案されている:

・何事においても、「引退」などしてはいけない
働くことは、老化防止の最高の薬
ダイエットをしてはいけない
・70代になったら、人づき合いを見直そう

略歴:

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。精神科医。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。高齢者専門の精神科医として、30年以上にわたって、高齢者医療の現場に携わっている。

引用元:和田秀樹著「70歳が老化の分かれ道 若さを持続する人、一気に衰える人の違い」(詩想社新書)

和田先生の考え方・生き方はなるほどとうなずける内容で、説得力がある。
ぜひ参考にして有意義な人生を元気に過ごしていただきたい。

腸内環境を整えよう!

腸内環境

新型コロナウィルス感染拡大第5波は急速に減少し、政府の緊急事態宣言は9月末に解除された。しかし、コロナとの戦いはこれで終息したわけではなく、今後も長期間続くと予測されている。

 

免疫の仕組み

そこで、注目されるのが「免疫」である。

免疫とは、体内に侵入したウィルスや細菌などの異物を攻撃・排除して体を守る仕組みだ。

免疫が働く仕組みには、「自然免疫」「獲得免疫」の2つがあり、免疫細胞は2段構えで防衛する。

 

抗体

抗体とは、特定の病原体に張り付いて無力化する物質で、免疫細胞が攻撃する目印になる。

また、獲得免疫細胞の一部は病原体の情報を記憶し、次に同じ病原体が体内に侵入したとき、早期に感染を食い止める。

 

サイトカインストーム

ところが、私たちの体を守ってくれる免疫細胞が活性化しすぎてしまうことがある。

その状態は「サイトカインストーム」と呼ばれる。

これが、新型コロナウィルス感染症を重症化させてしまう原因だ。

 

腸の重要な働き

サイトカインストームを防ぐ上で重要なのは腸である。何故なら、腸には全身の免疫細胞の約7割が集結しているからだ。

肥満・糖尿病・高血圧などの基礎疾患のある方、高齢者に共通しているのは、腸内環境が整っていないことがあげられる。そのため、新型コロナウィルスに感染すると重症化しやすいのだ。

このように、免疫力というのは腸内環境に支えられている。

 

腸内環境を整えるための3つのポイント

  1. 朝食・・・ 朝食には体内時計のスイッチをオンにしたり、免疫力と密接な関係がある自律神経を整える働きがある。ご飯とみそ汁、卵や海苔など朝食をしっかり食べよう。
  2. 運動・・・ 血流をよくし、腸の働きをよくするためにも、できれば毎日1時間ぐらいウォーキングをしよう。
  3. 睡眠・・・ 就寝の3時間前までに夕食を済ませ、入浴で深部体温をあげて、スムーズな入眠が得られるよう心がけよう。

 

健康的な日常生活を送ることが、腸内環境を整え、免疫力を高める上でとても大切である。

出典元:「悠々快適」2021年秋冬号 健康特集

 

マイナンバー健康保険証

マイナンバーカード

日本が先進国とは言えない一つの事例として、マイナンバー健康保険証を取り上げ考察する。

 

政府広報ー健康保険証の運用

政府広報オンラインにて、「マイナンバーカードはすべての人の暮らしを便利にするためのカード」と広報を行い、2021年3月から、健康保険証として使えるようになるとうたっている。

ところが、使えるようにする制度改革が計画よりも遅れている。やっと厚生労働省はシステムの構築を終え、10月20日から運用を始める予定だが、実施は間違いなく延期されるだろう。

 

医療機関側のシステム対応

一方、医療機関側のシステム対応も進んでいない。カードリーダーの導入など、準備が整った病院や診療所、薬局はたったの5.6%しかない。

これでは大半の医療機関でマイナ保険証は利用できない状態だ。

マイナンバーカードの交付率は現時点で、人口の4割弱にとどまっている(何でまだその程度なのか?)。保険証として登録されたのは交付済みカードの1割しかない。

政府が補助金も用意してシステム対応を呼びかけているにも関わらず、医療機関の動きは鈍い。

何故なら、病院の2割強、診療所の5割強は、国が配布する顔認証付きカードリーダーを申し込んでもいない状況だからだ。

対応を見送っている医療機関からは、交付率が低いから、マイナ保険証を使いたいという患者ニーズが出てきたら考えるとの声が出ているという。

 

マイナ保険証実施への対応策

マイナ保険証

出典:マイナポータル

マイナ保険証を実施すると決めたのだから、それに対応するかどうかを病院や薬局の判断に委ねるのではなく、当局(内閣府、総務省、厚生労働省)は医療機関に期限を定めて対応を義務付けるべきだ。

 

マイナ保険証に期待する効果

マイナ保険証に期待する効果は患者の利便性向上だけではない。服薬履歴などデータを見たうえで診察や処方をすることで、重複処方を防ぐことも期待される。

年々増加している医療費の抑制につながる効果は計り知れない。デジタル技術を使った医療の効率化に協力することは、公的な医療保険から収入を得ている病院や診療所、薬局の責務だ。

また、国民は国が定めたことにはすぐに対応して、国の政策には積極的に従い、協力する義務があると考える。

 

関係官庁及び国民への要望

国は強制力を発揮してこの問題に対処すべきだ。そしてマイナンバーカードの普及を促進するべきだ。

そもそもマイナンバーカード制度は、政府広報がいうように「すべての人の暮らしを便利にするためのカード」なのだから、もっとスピーディに効率よくシステムを構築し、運用できるように全力で取り組むべきだ。私共各自もその重要性を認識し、すぐ行動しなければならない。

このような常識が通用しないことは国力の低下、民度の低下を意味する。このような状況を放置していると、日本は世界から完全に取り残されてしまう。

現に恐ろしいことが起こっており、誠に残念でならない。